ドイツ語のテキストにアクセント記号を付加する

クリア

高度なオプションを表示する

 

アクセント記号付きドイツ語のテキスト:

結果を見るためドイツ語のテキストを送信してください!

 

ドイツ語のアクセント

発音記号が正しく表示されませんか?発音表記を別のプログラムにコピーしますか? 詳しくはFAQをご覧ください。

すでにドイツ語を習い始めているのなら、ドイツ語の辞書ではアクセントの位置が、常に表示されるわけではないことをご存知でしょう。ドイツ語には強勢のある音節の位置決めに関する一般規則がありますが、この規則が適用されない単語も沢山あります。つまり、そのような単語の発音は暗記しなくてはならないということです。

当オンラインツールは、自動的にドイツ語の単語のアクセントが置かれる母音をハイライトします。辞書でアクセントの位置を調べる必要がなくなるため、時間を節約できるように設計されています。

当ツールの強勢母音の表示方法は、DUDEN独独辞典と同じ手法を用いています:

  • 強勢が置かれた短母音には文字の下に小さな点(例:ụnter、Prozẹnt)
  • 強勢が置かれた長母音と二重母音には文字に下線(例:Jahre、Auge)

ドイツ語には同じ綴りでも、アクセントが置かれる位置によって、単語の意味が異なることがあります。 比較:

  • übersẹtzen(翻訳する)、
  • übersetzen(船で渡る、横切る、送信する)。

このような単語は同形異義語と呼ばれます。変換後にこれらの単語は薄緑色でハイライトされます。同形異義語にカーソルを乗せるか、モバイル機器でタップすると、可能性のある発音がすべて表示されます。

このツールは1996年にドイツ語新正書法に伴い導入されたドイツ語綴字改定を使用していることにご留意ください。よって、例えば「gewusst」という単語は変換されますが、「gewußt」はされません。

1回の文字数制限: