ロシア語のテキストにアクセント記号を付加する



アクセントのある母音のスタイル:

1回の文字数制限(一度に変換できる文字数):

 

 

ここで始める

Timur Baytukalov. 言語学習の完全ガイド
パート1:発音を学ぶ

 

ロシア語のアクセント

ロシア語の音声学を学ぶことは、ロシア語を習い始めたばかりの人にとってはかなり難しいことでしょう。ご存知かもしれませんが、ロシア語の母音は、そこにアクセントが置かれるどうかによって発音が変わってきます。

他のいくつかの言語と異なり、ロシア語には、アクセントの位置に関する厳格な規則がありません。アクセントは、単語の音節のどこにでも置かれる可能性があります(例えばフランス語では大抵、最後の音節にアクセントが置かれます)。ロシア語の初心者にとっては特に、アクセントのパターンを予測することは、ほぼ不可能です。

このオンラインツールは、アクセント記号をロシア語の単語に自動的に挿入し、ロシア語のテキストに「ё」の文字を復元します。アクセントの位置を辞書で調べる必要がなくなるため、大幅な時間の節約になります。

ロシア語の単語の中には、同じ綴りでもアクセントの位置により、意味が異なることがあります。比較:

  • замо́к(錠前)⟷ за́мок(城)
  • больша́я(大きい) ⟷ бо́льшая(より大きい)

これらの単語は同形異義語と呼ばれます。変換ツールはこのような単語の可能性がある全てのアクセントの位置を表示します。辞書には23,376個の同形異義語(内16,609が独特の綴り)が収録されています。

ロシア語には「擬似」同形異義語とみなされている単語のグループもあります。それは「ё」が入った単語が、「е」で綴られると同形異義語になる単語です。例えば「берёг」という単語が「е」で綴られると、「бе́рег」(海岸)とも 「берёг」(大事にとっておいた)とも発音されます。。当オンラインツールは、このような単語における両方のアクセントの位置をハイライトします。

以下にさらに例を挙げます:

  • колеса́(車輪ー生格)⟷ колёса(車輪)
  • о́зера(湖ー生格)⟷ озёра(湖)

ロシア語にはまた、「ё」と「е」で二通りに綴られる単語のグループがあります。両単語とも同じ位置にアクセントが置かれますが、意味が異なります。例:

  • все́ (皆)⟷ всё (全部)
  • не́бо (空)⟷ нёбо(口蓋)

アクセントが置かれる母音のスタイルオプションの 「赤でハイライトする」を選すると、「ё」の文字が入った単語は紫色で表示されます:всё.