英語発音記号変換と発音辞書

happy ➔ /ˈhæpi/
pronunciation ➔ /prənʌnsiˈeɪʃən/

see, these, seek, who, news, group ➔ /ˈsi | ˈðiz | ˈsik | ˈhu | ˈnuz | ˈɡɹup/
far, more, here, where ➔ /ˈfɑr | ˈmɔr | ˈhɪr | ˈwɛr/

オンライン辞書のリンク:

各単語の上に発音記号をつける

ロード中…
アメリカ英語
イギリス英語
オーストラリア英語

各テキストの行の下に発音記号をつける

ロード中…
アメリカ英語
イギリス英語
オーストラリア英語

各段落の下に発音記号をつける

ロード中…
アメリカ英語
イギリス英語
オーストラリア英語

初めての訪問ですか?

基本操作「発音記号への変換方法と単語の音声を聴く」を確認する

基本操作「自分の単語リストの作り方」を確認する

英語の発音辞書に収録されている単語数

Mike アメリカ英語 20,000単語
Mike

Lela アメリカ英語 10,000単語
Lela

Jeevin アメリカ英語 3,700単語
Jeevin

Jeevin

Andrew イギリス英語 9,400単語
Andrew

英語を学ぶもしくは教えていますか?

英語はややこしいと感じることがあるかもしれませんが、自分の時間を無駄にしてほしくないのです。

弊社のツールをチェックして英語学習をスピーディーに!

ここで始める

Timur Baytukalov. 言語学習の完全ガイド。パート1:発音を学ぶ

発音記号早見表

発音記号は英語の発音上達に役立ちます

発音記号は英語の発音上達に役立ちます

英語の発音には、とてもややこしい面があります。ご存知の通り、英語には厳密な発音規則がないため、知らない英単語に直面すると、それをどのように発音していいかわかりません。同じ英語の文字あるいは文字の組み合わせが、別の単語では違った発音となることがあります。それに、同じ英単語でも国が違うと、あるいは同じ国であってもネイティブスピーカーによって、それぞれ異なる発音をすることもあります!このため、英語を学ぶことは難しく、理解も容易ではありません。でも、難しさにめげてはいられませんよね?

このオンライン変換ツールは国際音声記号(IPA)を使用し、英語のテキストを発音記号に変換することができます。

このツールは英語発音ガイドとして役立ちます。辞書で発音を調べる必要はもうありませんので、時間が節約できます。定期的に発音記号を英語の音声や動画と組み合わせて使用することで、発音とリスニング力を向上させることができます。

同綴異義語(同じ綴りで違った発音と意味を持つ単語)は緑色でハイライトされます。

カーソルを単語の上に置くかモバイル機器でタップすると、すべての可能な発音がご覧いただけます。さらに各単語の品詞も確認できます。

発音のバリエーション (異なる地域のネイティブスピーカーが同じ単語をそれぞれ違った発音をしたり、速い会話の中で発音が変わる場合) は青色でハイライトされます。カーソルを乗せるとすべての可能な発音が表示されます。

発音記号は以下の2つの辞書をから選んで取得してください:

  1. イギリス英語辞典は、 様々な情報源から集められ、110,000 語以上を収録しています。同綴異義語 (1,000 語以上)と発音のバリエーション(4,000 語以上) が収録されています。
  2. アメリカ英語辞典は、様々な情報源から集められ、140,000 語以上の修正済みの単語を収録しています。同綴異義語(300 語)と発音バリエーション ( 500 語以上) が含まれています。この辞書は広範囲にわたってチェックされたため、質の高い結果が得られます。

上記の辞書についてのより詳しい情報やダウンロードができるリンクはこちらです。(英語のみ)

このツールの開発には、下記のオンライン情報源とその他の情報源を使用しました。発音記号は、カナダの著作権法(第29項:教育目的のための公正な扱い)に基づき、下記の情報源より入手しました。

頻度の高い英単語をハイライト

このツールには頻度の高い英単語をハイライトできる特殊機能があります。下記のいずれかの頻出リストからお選びください:

  • 現代アメリカ英語コーパスに基づいた頻出単語リスト
  • 字幕ベースの頻出単語リスト

各単語は頻度別に下記の色でハイライトされます:

1–1000 1001–2000 2001–3000 3001–4000 4001–5000

ご自分のテキストの頻度分析を行い、詳しい分析情報を取得するには、英単語頻度カウンターをご使用ください。

内蔵英語辞典

この発音記号変換ツールは、英語辞典の「ワードネット」を内蔵しています。テキスト送信後、結果として表示される単語をクリックすると定義が表示されます。これは各単語の上の発音記号表示が有効になっている場合(デフォルトでは有効に設定)にのみ機能します。

また自分のボキャブラリーリストを作成することができます。 作成をするには、知らない単語をすべてクリックして選択した後、オレンジ色の「語彙リストを作成」をクリックしてください。選択した単語の意味と発音記号をそれぞれ選びます。元のテキスト内容に則した、1つか2つの意味を選ぶことをお薦めします。その後、ボキャブラリーリストをファイル(Word, Excel, PDF, HTML)に出力することができます。

米英語とメリアム・ウェブスター辞典

この発音記号辞書を作成するために複数の情報源を使用していますが、アメリカ英語にはメリアム・ウェブスター辞典を常に使用し、正しい発音を確認しています。 中でも上級学習者用の辞書は最高と呼べる辞書のうちの一つです。

携帯機器用辞書も推奨します:

英語字幕の発音記号変換をご覧ください。このような結果が受け取れます。

音声または動画録音付きの全単語のアルファベット順リスト

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz

クリップボードへコピー
設定が保存されました。