REST APIの発音記号変換ツール

This site is available in English. Show this page in English

発音記号変換ツールを個人利用される場合はまず一般プランをご覧ください。
APIサービスの方が利用料金が高く設定されています。また結果がJSONフォーマットで表示されるため、プロの開発者が必要となります(下記の例をご覧ください)。

すでに発音記号変換ツールをお試しになり結果に満足していらっしゃるかもしれません。当ツールはコピーペイストをしやすく設計してありますが、別のソフトウェアに発音表記をコピーしたい場合、かなり面倒で時間のかかる作業になることは覚悟しなければなりません。

テキストの発音表記の自動取得が必要なこともあります。例えば言語学習サイトやアプリをお持ちの場合、そこに単語の発音表記を表示する機能を追加し、ユーザーが正しい発音がわかりるようにしたいと考えます。

そのような時こそAPIでの発音記号変換ツールが役立ちます。テキストを自動的に処理し、発音表記をJSONフォーマットで取得できます。以下をご参照ください。(あらゆるブラウザでの実際のアウトプット):

人が読める形式(Mozilla Firefoxから表示):

料金

APIの使用は月額課金制です。使用料金は以下によって個別に設定されます:

  • 必要とされる言語の発音表記(英語、フランス語および日本語は料金が高め)
  • 一日当たりのクエリの数
  • 各クエリの最大の長さ
  • 複数の発音や同綴異義語の要否(準備があれば)
  • 発音表記の実際の使用方法(アプリ、ウェブサイト、科学研究)

以下のフォームにできるだけ詳細にご入力いただければ、プロジェクトに最も適した解決手段をご提案します。




一日当たりのクエリの数:

各クエリの最大の長さ(文字数で):



弊社のAPIは実際のテキストの発音表記を取得するサービスで、巨大な単語リストの発音表記取得ではありません。弊社ではデータベースの販売は行っておりません。データベースを抽出しようとするとシステムにより阻止されますのでご留意ください。